デジタルにはない魅力が満載!アナログレコードが現代でも愛される理由を解説!

インテリアとしても魅力的なレコード

音楽好きの方にとって、魅力的な音楽だけではなく好きなアーティストのアルバムジャケットも室内で飾っているという方は多いです。

近年は若者を中心にレコードの魅力が見直されていることから、アナログの音として楽しむだけではなく世界中のおしゃれでこだわり抜かれたレコードを室内のインテリアで飾りたいという方も増えてきています。

ただジャケットをそのまま壁に貼り付けるだけでは面白くないと感じるなら、ジャケットの良さを引き立てる飾り方としてウォールバーやシェルフの活用をおすすめします。

ウォールバーは長めのタイプからジャケットタイプの小さなサイズまで幅広いので、飾りたい枚数に応じて必要なタイプを選ぶと良いでしょう。

収納シェルフならばコレクションしているレコードを何枚も収納するだけではなく、いくつかのスペースでレコードを表に出して見せることで立派なインテリアとなりますし、手軽に交換ができるので模様替え気分で変えられます。

レコードのジャケットは大切な芸術的表現の場所

レコードを包むジャケットはCDのそれよりも遥かに面積が広く、様々な表現が可能です。

印刷されている写真やイラストは店頭に並べられた際にそれがどんな商品なのかを分かりやすく伝え、見る者を引き付ける役割だけではなく、収録されている楽曲の作風を強くイメージさせ視覚からも楽しめます。

作詞家、作曲家、ボーカリストに加えて写真家やイラストレーターの活躍の場となり高い芸術性を誇っているのと同時に大切な表現の場となっていました。

レコードをプレイヤーにセットして針を落とし、スピーカーやヘッドフォンから聞こえてくる音楽そのものを楽しむのはもちろんのこと、ジャケットを眺めながら聞くのもまた格別です。

デジタルで高音質のCDの小さなサイズでは味わえない楽しみが、アナログのレコードの大きなサイズならより深い楽しみがあります。

独特のノイズと温かみのある音だけではなく、そのような楽しみも求めて敢えてレコードを選ぶ方が増えています。

レコードに関する情報サイト
レコードが現代でも愛される理由

ハイレゾが目指す音質は、自然に近い音質だと言われています。
CDのデジタル音源は、人間の耳に聞こえにくい20KHzを超える音域をバッサリと捨てていますが、ハイレゾは40KHz以上の音域を含むため、より自然に近い形で聞こえます。
実はレコードは40KHzを超える音域を含んでおり、CDよりも遥かに自然な音を楽しめることからハイレゾが最終的に目指している音域であるとも指摘されています。
デジタルでは実現できない音域こそが、愛される理由と言えるでしょう。

Search