デジタルにはない魅力が満載!アナログレコードが現代でも愛される理由を解説!

デジタルにはないレコードだからこそ感じられる音楽体験

レコードは決して過去のものではありません。

最近人気が復活してきており、若い世代からも支持されるようになりました。

人気復活の一因とされているのが、サブスクリプションの普及です。

定額料金で様々な音楽を気軽に楽しむことができますが、音にこだわっている人からはデジタルでは物足りなく感じられています。

レコードはスマートフォンやパソコンなどで聴くデジタルにはない音楽体験ができることが大きいです。

生の音に近いと評価されており、心地いいサウンドが楽しめます。

場所や時間を問わず好きなところで楽しめるデジタル音楽も魅力ですが、質の高い音を求めている方にはレコードの方がおすすめです。

より楽しむためにはプレーヤ選びも重要です。

5000円くらいで購入できるものがありますが、数万円くらいするものが優れています。

せっかくレコードを利用するのであれば、プレーヤーもこだわって選ぶべきです。

比較してみると異なる部分が少なくありません。

レコードを購入して音楽を満喫する中で欠かせない作業と注意事項

若い世代を中心として見直されているレコードは、現在で言うデジタル関連には無い魅力があります。

独特のノイズを発生させることや、古い時代のレコードであればジャケットのデザインに魅力を感じる方も少なくはありません。

音楽をアナログで聴くことを満喫している方の場合、欠かせない作業があるので前もって知っておくことで大切なレコードを保護することができます。

まずは盤面には埃が付きやすい傾向にあり、静電気によるものが大きいのですが、専用のクリーナーと拭き掃除を行う柔らか素材の専用道具、同じように柔らか素材のブラシなどを用いて埃は徹底的に除去してから片付けることは必要です。

プレーヤー側にも行うべき作業はあり、針の先端には埃が溜まりやすいものなので、針の先端を確認して逆らわない方向へと専用ブラシを用いる行動も非常に大切です。

針に蓄積される埃はレコードの溝に対して埋めてしまうリスクがあり、針に余計な負担が掛かることで寿命を短くしてしまいます。

注意事項は針自体は消耗品になりますが、盤面よりもデリケートな一面があるので盤面を傷めてしまうリスク回避には小まめな点検が求められます。

レコードに関する情報サイト
レコードが現代でも愛される理由

ハイレゾが目指す音質は、自然に近い音質だと言われています。
CDのデジタル音源は、人間の耳に聞こえにくい20KHzを超える音域をバッサリと捨てていますが、ハイレゾは40KHz以上の音域を含むため、より自然に近い形で聞こえます。
実はレコードは40KHzを超える音域を含んでおり、CDよりも遥かに自然な音を楽しめることからハイレゾが最終的に目指している音域であるとも指摘されています。
デジタルでは実現できない音域こそが、愛される理由と言えるでしょう。

Search